クリニックでの具体的な治療方法は?

テレビCM等で頻繁に耳にする「AGAは病院で治療」という言葉…、

最近はAGA、いわゆる「若ハゲ」が病院で治療できるようになったという宣伝ですが、

具体的に、病院でどんなふうに「若ハゲ」を治療しているのでしょう?

一般的にはAGA治療の基本は、内服及び外用薬による治療法です。

実際に処方される薬としては、「フィナステリド(プロペシア)」と「ミノキシジル」の二種類が有名でしょう…。

フィナステリドは内服薬で、AGAの原因となる

ジヒドロテストステロンの生成を抑える働きがあり、

つまりは脱毛を抑えるための薬といえるでしょう。

ミノキシジルは頭皮に直接塗る外用タイプと、

錠剤として飲む内服タイプの二種類があります。

ミノキシジルの働きは、毛母細胞を活性化させる事で、

こちらは新たな髪の毛を生やすための薬と言えるでしょう。

つまり、AGAの治療は「フィナステリドで脱毛を抑え」、

「ミノキシジルで発毛を促進させる」、二方向の治療が行われるわけです。

それゆえ、どちらか一方の薬を用いるだけでは、

根本的なAGA治療にはならないので注意が必要です。

但し、どちらの薬も強い副作用がある薬なので、

素人判断で併用し続けるのは非常に危険です。

必ずAGAの治療を行っているクリニックに相談の上、

医師の指導のもとに正しく治療を行うように心がけましょう。

若ハゲは何もしなければ基本的にはハゲが進行し続けますから、

気になりだしたら…、一刻も早く治療を始めることが大切ですよ!

AGAライブラリー